富士登山にはしっかりとした登山装備が必要です。ここでは必要な装備をご紹介。各種装備のレンタルも可能です。


絶対に必要な装備

リュックサック

バックパック(レンタル可 1泊2日:1,000円/2泊3日:2,000円)

下記の装備をすべてを携行できる25-35リットル程度のシンプルなバックパックが最適です。
また、ウエストベルト付きのリュックは肩への負担が軽減できるため、より好ましいといえます。

雨具

雨具(レンタル可 1泊2日:2,000円/2泊3日:3,000円 *サイズは下記を御覧ください)

富士山を登る上で最も重要で欠かせない装備の一つです。傘は風などに弱く、お勧めできません。また、山小屋には乾燥室がないため、山では衣服を濡らさないことが非常に重要です。透明のビニール製の雨具は汗を発散しないので蒸れやすく、耐久性の面でも問題があります。ゴアテックスなどの登山用のしっかりした雨具を選びましょう。

登山靴

登山靴

くるぶしまでを覆うことができる登山用の靴が最適です。スニーカーは靴内に砂や小石が進入するため、お勧めできません。また、購入後3年以上経過した靴は、未使用でも使用をお控えください。靴底がはがれ、下山を余儀なくされる事故が頻発しています。また、新しい靴は靴擦れ防止のため、購入後、一時間以上の歩行をされることをお勧めいたします。

ヘッドランプ

ヘッドランプ(レンタル可 1泊2日:500円/2泊3日:1,000円)

夜間の登山時、あるいは消灯後の山小屋において必要となります。
懐中電灯は岩場を歩く際に、手を塞いでしまうのでおすすめできません。

防寒具

防寒着

八月の山頂の平均気温は摂氏6度前後です。また、風が吹いたり、夜間にはさらに気温が下がります。
フリースや軽量の化繊の防寒着が一枚必要です。

水筒

水筒

富士山のような高所の登山においては、一日あたり約2-3リットルの水分が必要になります。
山小屋ではペットボトルの水分を買う事ができますが、価格は多少値上がりしています。
あらかじめ軽量のプラスチックのボトルを持参しておくと便利でしょう

財布

現金

富士山ではクレジット・カードを使うことができません。
緊急時のために最低、一万円程度の現金とトイレ用に小銭を持参しておくことをお奨めいたします。

必要な装備

手袋

手袋

岩場を登る際の手の保護や、夜間登山の際の防寒のために必要です。
軍手でも構いませんが、濡れても保温性のある化繊やウールのものがより適しています。

ザックカバー

ザックカバー(レンタル可 1泊2日:500円/2泊3日:1,000円)

多くのリュックサックは防水ではありません。雨が降った際に、貴重品や防寒着など大切な装備を濡らさないためにもリュックカバーは必要です。
リュックの内側に大きめのビニール袋を入れ、装備をその中に入れることでも代用できますが、この場合、リュック自体はぬれてしまいます。

ストックや杖

ストックや杖(レンタル可 1泊2日:1,000円/2泊3日:2,000円)

登山用の伸縮性のストックは下山時に膝や腰にかかる負担を軽減します。登りでは使用しないことが多いので、コンパクトに収納できるものがよいでしょう。

ヘルメット

ヘルメット(レンタル可 1泊2日:1,000円/2泊3日:2,000円)

登山用のヘルメットは落石対策になる事、また万が一噴火などが起きた際には噴石から身を守る助けになります。行政により携行が推奨されていますが義務ではないため必須装備とはしていません。

化繊やウールの下着、靴下

化繊やウールの下着、靴下

木綿やコットンの下着は汗をかいた際に急激に冷え、体温を低下させるため避け、スポーツや登山用の化繊素材のものを選びましょう。
ウール素材のものは暖かく、臭いもつかず快適です。

日焼け止め&サングラス

日焼け止め&サングラス

山の上では平地に比べ紫外線の量が大幅に増加しますので、対策が必要です。また、サングラスは砂塵から眼を保護する役割もあります。

帽子

帽子

日射病予防のためにも帽子をかぶりましょう。また風で飛ばされないような紐が必要です。

耳栓

耳栓

山小屋でも購入できます。周りの音が気になる方は必須です。

行動食

行動食

菓子類は山小屋でも購入できますが、種類がありません。お好みのものがあれば持参したほうがよいでしょう。

マスク

マスク

下山道の砂埃対策としてマスクがあると快適です。

装備のレンタル

HPの予約ページにレンタル申込のフォームがございます。
レンタルご希望の装備を選択し、数量、サイズなども同時に選択してください。
レンタル品の受取はお客様が五合目に到着した際、担当ガイドがおもちいたします。

(注意点)

  • 雨具はジャケット、パンツ、レインスパッツ一式になっています。
  • 申し訳ございませんが、ジャケットやパンツ単体での貸出は行っておりません。
  • XLより大きなサイズはございません。サイズに関しては下記をご参照ください。

レンタルサイズ

S M L XL
cm cm cm cm
1:身長 145-155 155-165 165-175 175-185
2:胸囲 72-80 86-94 90-95 101-107
3:ウエスト 57-63 68-76 76-81 84-87
4:ヒップ 80-88 90-98 100-108 112-120
5:股の高さ 65-70 71-76 74-79 80-85
サイズチャート
1:身長 身長
2:胸囲 胸囲
3:ウエスト 通常ズボンをはく、腰回りを計測してください。
4:ヒップ お尻のまわりを計測してください。
5:股の高さ 股から足の裏までの長さを計測してください。